インフォメーション

【開催案内】講演会「高齢化社会のまちづくり」

特定非営利活動法人 北海道ジェロントロジー推進協会
定期講演会

『 高齢化社会のまちづくり 』

 特定非営利活動法人 北海道ジェロントロジー推進協会の定期講演会を開催します。
 ジェロントロジーとは日本語で「老年学」と呼ばれ,高齢者や高齢社会の抱える様々な課題を多角的にとらえ,広い分野(医学・生理学・社会学・心理学・工学・経済学など)の諸科学と連携し総合的に研究する領域です。
 今回は広範なジェロントロジー領域のなかから,高齢化コミュニティにおける地域づくりに焦点をあて,住み慣れた地域で安心して自分らしく生きるためのまちづくりについて考えます。

 

【日 時】  平成23年6月21日(火) 14:00~16:20 (13:30開場)

【会 場】  札幌すみれホテル  札幌市中央区北1条西2丁目時計台東隣

【募 集】  50名 (会員優先,先着順)

【参加費】  無 料 (ただし,茶話会については,非会員には実費として当日1千円をいただきます。)

【プログラム】
   講演1 『 ジェロントロジーとは ―高齢化社会― 』
          NPO法人 北海道ジェロントロジー推進協会 理事長
             朝倉 利光 氏


   講演2 『 超高齢社会のまちづくり -Aging in Place 』
          東京大学高齢社会総合研究機構 教授
            辻 哲夫 氏

 

  なお、講演会終了後、講師の方々と歓談できる茶話会をひらきます。

 

【主 催】 NPO法人 北海道ジェロントロジー推進協会

【後 援】 札幌市、北海道

【申込み】 ホームページの問合せページよりEメールでお申し込みください。

     NPO法人北海道ジェロントロジー推進協会 事務局 (担当:服部、岩井)
     URL  http://www.gerontology.or.jp/contact/index
     E-MAIL  info@gerontlogy.or.jp
     TEL  050-5534-9766  FAX  050-3156-2021

※定員に達し次第,募集を終了させていただきます。ご了承ください。

 

  pdf.gif開催案内リーフレット(PDF:781KB)

≫ 続きを読む

イベント   2011/05/18   admin

【報告】NPO法人設立記念講演会開催

北海学園大  2011年2月5日(土)、北海学園大学 豊平キャンパス 7号館において、北海道ジェロントロジー推進協会のNPO設立記念講演会「生きがいを創造する高齢社会に向けて ジェロントロジー(老年学)の役割」を開催いたしました。

 当日は厳しい寒さのなか、定員を超える大盛況ぶりで、たくさんの方々にご参加いただきました。遠い地域からもお運びいただき、本当にありがとうございました。

朝倉先生2.jpg

 

 最初に、当NPO法人の理事長でもある北海学園大学 学長 朝倉利光先生より、「高齢化社会におけるジェロントロジー」と題して、幸福度という視点からさまざまな数値データにもとづいて日本の高齢社会の課題についてご講演いただきました。

 

 日本の将来への提言として、「未来社会は成熟社会であり、それは"幸せな長寿社会"として人々に希望と生きがいが享受されるものでなければならない。これまでの後ろ向きな高齢者観を変え、新しい高齢社会を作るべく、いまこそ経験豊かな高齢者自身が創造的に知恵と行動力をもって社会の構造をつくり変えていくときであろう。」と述べられ、その実現に向け、高齢者の生活をあらゆる側面から考察し、さまざまな観点から諸科学が連携・協働して新しい高齢社会を発明してゆくのがジェロントロジー(老年学)の役割であり、その研究は地域の高齢者支援体制や就労・社会貢献支援体制の構築に寄与するものである、というお話をいただきました。

 講演

 次に、東京大学 先端科学研究センター 特任教授 伊福部達先生より、「高齢社会を豊かにするイノベーション -新しい福祉と産業-」と題して、ジェロンテクノロジーと呼ばれる分野の研究についてご紹介いただきました。

 

 日本が得意とする情報通信技術とロボット技術を融合させ、それを高齢社会の課題解決に生かすことによって、高齢者の社会参加を促し、新たな産業創出にもつながると説明され、そのなかで北海道ならではの技術開発が実現できれば、ほかの北方圏地域等への普及拡大も期待できるうえ、さらには日本が世界をリードする輸出産業になりうる可能性もあると述べられました。講演2

≫ 続きを読む

イベント   2011/03/07   admin

「北海道新聞」掲載

北海道新聞さんのコラムで、北海道ジェロントロジー推進協会のことが紹介されました。

ありがとうございます!

▼北海道新聞 2011年3月1日(火) 朝刊
 

≫ 続きを読む

スタッフブログ   2011/03/04   admin

「介護新聞」掲載

介護新聞さんにNPO設立記念講演会の記事が掲載されました。

ありがとうございます!

▼介護新聞 2011年2月17日(木)
 

≫ 続きを読む

スタッフブログ   2011/02/24   admin

「北海道新聞」掲載

北海道新聞さんにNPO設立記念講演会の記事が掲載されました。

ありがとうございます!

▼北海道新聞 2011年2月6日(日) 朝刊
 

≫ 続きを読む

スタッフブログ   2011/02/09   admin

「北海道新聞」掲載

北海道新聞さんにNPOの設立と講演会開催について掲載いただきました。

ありがとうございます!
 

▼北海道新聞 1月29日(土) 朝刊
 

≫ 続きを読む

スタッフブログ   2011/01/31   admin

「まんまる新聞」掲載

週刊まんまる新聞さんに講演会のお知らせについて掲載いただきました。

ありがとうございます!

▼週刊まんまる新聞 1月28日発行号
http://manmaru-sinbun.com/2011/01/post_9869.php

≫ 続きを読む

スタッフブログ   2011/01/28   admin

2/5 NPO設立記念講演開催のお知らせ

2011111

NPO法人 北海道ジェロントロジー推進協会

理事長 朝倉利光

 

特定非営利活動法人 北海道ジェロントロジー推進協会

NPO法人設立記念講演会

~「生きがいを創造する高齢社会に向けて

 -ジェロントロジー(老年学)の役割」~

 

特定非営利活動法人 北海道ジェロントロジー推進協会(所在地:札幌市清田区、理事長:朝倉利光)は、201125日(土)に、NPO法人設立記念講演会「生きがいを創造する高齢社会に向けて -ジェロントロジーの役割-」を開催します。

 

ジェロントロジーとは日本語で「老年学」あるいは「加齢学」と呼ばれる学問分野で、医学・生理学・社会学・心理学・工学・経済学など様々な幅広い領域を包含し、高齢者や高齢社会の諸問題を多角的な側面からとらえ、総合的に研究するのが特徴です。 

世界に先駆けて超高齢社会を迎える日本が、高齢社会の課題をどのように解決して理想の未来社会に変えていくのか、その解決の糸口としてジェロントロジーに注目が集まっています。

北海道ジェロントロジー推進協会は、私たちがより豊かな明るい高齢社会を迎えるためにも加齢に関する諸問題を総合的視野に立って探求するジェロントロジーを広く一般の方々に紹介し、これからの高齢社会を築く人材育成を支援する活動を通じて、社会に貢献していきたいと考えています。

つきましては、下記のとおりNPO法人記念講演会を開催いたしますので、ご多忙中とは思いますが、ぜひご来臨賜りますようお願い申し上げます。

 

■日  時      平成23年2月5日(土)14:00~16:30(13:30開場)

■会  場      北海学園大学  豊平キャンパス 7号館

                (札幌市豊平区旭町4丁目1-40)

■定  員      200名

■参 加 費      無料

■主  催      NPO法人北海道ジェロントロジー推進協会

(HGPA:Hokkaido Gerontology Promotion Association

■共  催     北海学園大学工学部、ハイテクリサーチセンター

■後  援      札幌市、北海道

■プログラム

1)記念講演1『高齢化社会におけるジェロントロジー

特定非営利活動法人 北海道ジェロントロジー推進協会理事長/

北海学園大学 学長

朝倉 利光 氏

 

 (2)記念講演2『高齢社会を豊かにするイノベーション -新しい福祉と産業-

東京大学先端科学技術研究センター特任教授

              伊福部 達氏

■講師プロフィール

朝倉利光氏
福島生まれ。北海学園大学長。
ボストン大学大学院物理学専攻修士課程修了。MA(物理学) ,工学博士(東京大学),名誉博士(フィンランド・
ヨエンスー大学)
東京大学生産技術研究所助手,北海道大学工学部助教授,北海道大学応用電気研究所教授,東京工業大学理工学国際交流センター教授,北海道大学電子科学研究所教授・所長などを歴任し,2005年より現職,北海道大学名誉教授。
1996年紫綬褒章受賞,2009年瑞宝中褒章受賞。専門は「光物理学・光工学の基礎研究と光計測・光情報処理・医工学・文化遺産探査等の広範囲な領域における応用研究」。

 

伊福部達氏 
北海道生まれ。東京大学先端科学技術研究センター特任教授
北海道大学大学院電子工学専攻修士課程修了。工学修士,工学博士(北海道大学)。
北海道大学応用電気研究所助手,同感覚情報工学部門助教授,米国スタンフォード大学客員助教授を経て,北海道大学応用電気研究所(現:電子科学研究所)教授,東京大学先端科学技術研究センター教授,2009年より現職,北海道大学名誉教授,東京大学名誉教授。専門は生体工学,福祉工学、音響工学。「聴く」「話す」「見る」機能を支援する福祉工学の研究に従事。

イベント   2011/01/11   admin

NPO法人 北海道ジェロントロジー推進協会設立

20101220

NPO法人 北海道ジェロントロジー推進協会

理事長 朝倉利光

豊かな高齢社会の創造に向けて

NPO法人北海道ジェロントロジー推進協会設立のお知らせ」

私どもは、超高齢社会に向かう日本においてジェロントロジーを一般の方に広く認知してもらうため、またジェロントロジー研究者の育成を支援することを目的として、特定非営利活動法人北海道ジェロントロジー推進協会(Hokkaido Gerontology Promotion Association:以下 HGPA)を設立いたしました。

世界で最も長寿化が進み、急速に社会の高齢化が進む日本において、いまこそ知を結集し、誰もが共感できる将来ビジョンの構築と、立場や分野を超えた連携による新しい価値の創造が必要とされています。今、そのキーワードとして注目されているのが「ジェロントロジー」です。

ジェロントロジーとは日本語で「老年学」あるいは「加齢学」と呼ばれる学問分野で、医学・生理学・社会学・心理学・工学・経済学など様々な幅広い領域を包含し、高齢者や高齢社会の抱える複雑な諸課題を多角的な側面からとらえ、総合的に研究するのが特徴です。さらに研究者による研究だけではなく、一般の方に理解を深めていただき、生活の中で実践した結果をフィードバックすることにより発展する学問でもあります。

ジェロントロジーの研究を推進するためには、この分野の研究者の養成が重要ですが、残念ながら北海道内においては正規の教育をしている教育機関がほとんどなく、また専門に研究する研究者も極少数に限られています。

 

HGPAでは、豊かな高齢化社会の創造の一助になることを願って、国内外のジェロントロジー研究者を招き普及啓蒙活動を積極的に行うともに、ジェロントロジーに携わる研究者のための教育の場の提供を行っていきます。 

 

【法人概要】

 名称  特定非営利活動法人北海道ジェロントロジー推進協会

 所在地 〒004-0862 札幌市清田区北野2条2丁目20番1号

 設 立 2010128

 理事長 朝倉 利光 (北海学園大学学長)

 

お問合せ先: 特定非営利活動法人北海道ジェロントロジー推進協会(HGPA)
         事務局 担当:服部、岩井
                  TEL050-5534-9766 FAX050-3156-2021

インフォメーション   2010/12/20   admin