法人概要

データ

法人名 特定非営利活動法人 北海道ジェロントロジー推進協会
設立 2010年12月
所在地 北海道札幌市清田区北野2条2丁目20番1号
代表者 朝倉利光
事業内容 ジェロントロジーの普及啓蒙活動
ジェロントロジーに関する調査研究
ジェロントロジーに関する研究者養成活動                       

理 事

理事長 朝倉利光
理事 似鳥寧信
理事・事務局長 服部裕之

事務局

住所 〒004-0862 札幌市清田区北野2条2丁目20番1号
電話 050-5534-9766
FAX 050-3156-2021
e-mail info@gerontology.or.jp
担当 服部

設立趣旨

 ジェロントロジーとは日本語で「老年学」あるいは「加齢学」と呼ばれる学問分野です。
 アメリカでは1950年代に学問として認知され、現在は100校をこす大学で正規の教育として教えられています。
 一方、日本では正規の教育として教えている大学は数えるほどしかなく、また一般には殆ど知られていない学問分野と言っても過言ではありません。

 ジェロントロジーは、医学・生理学・社会学・心理学・工学など様々な学問分野の横断的な協力によって成り立つ学問です。
 また加齢に伴う生涯発達や高齢化社会における生活、人間関係、心や健康の管理、老人介護や諸制度・政策、経済など、さまざまな領域の問題を、多角的な側面からとらえ、総合的に研究するのが特徴です。
 さらに研究者による研究だけではなく、一般の方に理解を深めていただき、生活の中で実践した結果をフィードバックすることにより発展する学問でもあります。

 そこで超高齢社会に向かう日本においてジェロントロジーを一般の方に広く認知してもらうための活動を行うことは急務と考え、北海道ジェロントロジー推進協会を設立することにいたしました。
 国内外のジェロントロジー研究者を招き普及啓蒙活動を積極的におこないます。
 また情報提供のための各種媒体を用いた情報発信にも注力します。

 一方、ジェロントロジーの研究を推進するためには、この分野の研究者の養成が重要ですが、残念ながら北海道内においては正規の教育をしている教育機関がほとんどなく、また専門に研究する研究者も極少数に限られています。
 そのため私たちは、一般の方に対する普及啓蒙活動と並行して、ジェロントロジーに携わる研究者のための教育の場の提供も行っていきます。

 私たちの活動が豊かな高齢化社会の創造の一助になることを確信して北海道ジェロントロジー推進協会を設立いたしました。

平成22年8月

特定非営利活動法人 北海道ジェロントロジー推進協会
                    理事長 朝 倉 利 光

ロゴマーク

 豊かに成熟したシニアの姿を渦巻き状の年輪で表わし、その先に希望や元気の象徴である若葉が芽吹いている姿をデザインしています。

HGPAロゴA_縦3e.png